大学生が家族にお金を借りる=もらう?!

実家暮らしの大学生のため、お金に困ると頼ってしまうのは親でした。アルバイトをしていても資格を取る学生だと授業も多いため時間に限界があり月に2?4万円しか稼げません。そのため、収入に対して遊ぶ約束や旅行が多くなる長期休みは必ず金欠になっていました。その度、親に「お金かしてもらえるかな?」と話を持ちかけ、1回につき3000円?5000円を借りました。わたしの中でこの「借りる」は、内心返すつもりは毛頭無く、完全に「もらう」つもりでいるのです。褒められたことではありません。しかし、お金に困るとどうしても親に頼って(すがって・・・?!)しまいました。

 

 

お金を貸すたびに両親が言うのは、「将来たんまり返してもらうからね?!」や、「老後の介護は頼んだよ?!」という、いわゆる”出世払い”で良い、と取れるニュアンスです。金欠の時はつい、それに甘えてお金を借りてしまいました。ここは親子のつながり特有だと感じます。早急な返済が確約されていないにもかかわらず、お金を貸してくれる、それはまさに親子にしかできないことでしょう。友達付き合いにお金の貸し借りは厳禁、とよく言われますが、親子の間ではなぜかお金の貸し借りが成立するものです。

 

 

わたしは遠距離恋愛をしているため、彼に会いに行くためには往復15000円かかってしまいます。2ヶ月に1回でも15000円は大金で、いつも困っていました。そこで親には何度も助けてもらったのです。「○○くんとうまくいってもらわないと困るからね!」や、「将来のため!玉の輿するんだ!」など、両親はわたしと彼の関係を良好にするために、将来や老後への投資という名目でお金を貸してくれました。決していつ返してねとは言わずにです。

 

 

これは大学生の間だから許されることであり、いつまでもこれを繰り返していては親のすねをかじるだけだと感じています。困った時に金銭的な面で助けてくれる唯一の人は「親」ですが、それを当たり前にして感謝の気持ちを忘れてはいけません。また、親は完全に「あげた」わけではなく、将来のわたしたちへの「投資」のつもりで「貸してくれている」こともしっかりと心に留めておく必要が有ります。

 

 

大学生のうちは、社畜のように勉強の時間までもをアルバイトをして自分で稼ぐ、ことを親は望んでいないと言っていました。それでは何のために大学生をしているのかわからなくなってしまうからです。適度にアルバイトをし、勉強を第一に行い、海外旅行や国内旅行など大学生にしかできないことをして多くの経験をし、厚みのある人になってほしいと両親はよく言います。親がどれだけ自分のことを思い、大切にしているかが「お金の貸し借りの経験」を通してもよくわかります。それに応えてしっかりと将来返せるように、大学生、まだまだ頑張らないといけないな、と考えさせられます。