自分のお金=キャッシングのアイフル!?

みなさん、キャッシングのアイフル使ったことありますか。
私は、キャッシングのアイフルには全く縁が無いと思っていました。
どんなイメージだったかというと、お金に困った人が使用するものなんだな〜と漠然と思っていたからです。
しかし、自分が思っていた以上にすぐに使えるものだとわかるようになりました。
社会人になって、いろいろと社会経験をする中で、地方から東京に出てきた私は、
東京のおしゃれな雰囲気にのまれていました。

 

楽しいし、なんだかキラキラしているし、自分はドラマで見るような暮らしをすると!
ドラマは言い過ぎですが、東京にいるのならせっかくだし、社会人で自分で稼いだお金でいろいろするのだから、
少しぐらい良いだろうと思って買い始めたのがきっかけでした。
カードで支払うというのにも慣れてきて、次第に支払い額が増えていきました。
まぁちょっと高いものであれば、ボーナス払いでも良いかと。

 

そうしたら、どんどん使用金額が増え、自分の手元に現金が無い!!!という事態に気づいたのです。
これはやばい!!と思ったのがきっかけでした。
とりあえず現金が無いと駄目だ!ということでキャッシングのアイフルを使いだしました。
最初は、1万円だけにしよう。今回の光熱費を払う分だけにしよう、と思いました。
しかし、カード払いは知っての通り、翌月に支払いが延びるだけなのです。
ですので、今月は良かったと思っていても、来月やばい!足りない!という事態になるのです。
何とかカードの支払いをしていると、しばらくしたら、カードでの利用可能額というのも増えていきます。
ですので、利用限度額が増えるとホッとしている自分がいました。
自分の口座にお金が増えた、使える金額が増えたという感覚に陥っていました。
カード会社は、たくさん利用している利用者で、支払いをしている利用者に対しては利用額を増やし、
さらに使ってもらおうとします。

 

そして、利子をつけるので、それで利益を得ます。
その理屈はわかっているし、それが彼らの商売だし、と頭でわかっていても自分の衝動が抑えられませんでした。
そうこうしているうちに、1万が3万円、3万円が5万円という風に金銭感覚がずれていきました。
自分で大丈夫大丈夫、まだ返せるし、大丈夫と思っている甘さがありました。
そうこうしているうちに、膨らむのがカード支払いであり、キャッシングのアイフルです。
キャッシングのアイフルはなんといっても現金を引き出せるからこそ、自分のお金になったと思えてしまいます。

 

今は自分自身、カードを一切使用しない生活に戻りましたが、そのころの自分に言いたいです。
キャッシングのアイフルは人のお金、自分のお金じゃありません!と。